福山雅治を愛すべきいくつかの理由のうち、たったひとつ

 マツコ・デラックスはフジテレビの深夜番組『マツコの部屋』で拝見して以来の視聴である。「制作会社の者です」と臆面もなく言い放ち、しかし、番組が進むにつれてファッションがいかにも一般大衆の喜びそうなそれに近づきつつも、妻子ある身で自宅バレをも辞さない奇妙な男気を持つ池田Dとの掛け合いが刺激的だった『マツコの部屋』を鑑みれば、昨今の彼(彼女)の八面六臂ぶりには驚かされるばかりである。
 今回は『巷の街を徘徊する』という、マツコの俗物視点(これは彼(彼女)の最大にして最高の視座なのだが、その小説は次回以降に譲りたい)が存分に生かされた地上波(!)テレビ番組において、かの福山雅治を迎えて神田周辺を徘徊するという内容。しかも筆者はたまたまテレビを点けて、途中から視聴し、しかも途中で切るという体たらくながらも、古書店においてバックナンバーの『BOMB!』を眺めつつ感想を漏らす福山氏に自身の感覚を呼び覚まされたゆえの筆を執る、というよりはキーボードを打つ所存である。
 彼の人となりを、ラジオやテレビだけで感じ取った、言い換えれば、一般大衆と芸能人とを分け隔てるべく存在する境界を経て介した、きわめてマスメディアの偏向甚だしい彼の虚像を一般大衆向けのマスメディアを通じて感じ取った『福山雅治』なる人物像と番組を経た彼の人物像とを照合させた結果、あまり相違がないところにある種の喜びを感じたのだ。ラジオにおいて「もしもし?」「ましゃましゃ!」というやり取りを律儀にこなす福山氏(以下『ましゃ』)、もしくは桑田佳祐がエッセイにおいて「このエロ男爵!」と頭をはたけるましゃと、2016年8月現在のましゃとがバシッと一致したことに端を発する嬉しさをここに表したいのだ。
 彼はこのテレビ番組において、好きだった、憧れてたことをやりたいだけやるには、ある程度の社会的、経済的余裕が必要であると説き、同時に、社会的、経済的余裕を取っ払って好きな、やりたいことをやってる連中に敗北感を覚えるという発言に、筆者は共感したのだ。長崎駅に向かえば、プラットフォームの至ることろにそのお姿と歌詞とが刻されている彼でさえ、そんな心境を訴えるという真実に、自身のくだらなさを覚えている次第である。当然と言えば当然なのだが趣味としてこんな一銭にもならない駄文を世界に発信する作業をジンの酔いとともに繰り広げている人間こそ筆者であり、駄文を垂れ流せば満足する人間ゆえ、それを糧にできれば世話はないものの、やりたくもない作業に埋没して糊口を凌いでいる立場に、ましゃとの蜘蛛の糸に匹敵するという表現さえ憚られる親近感を覚えるのだ。
 つまり、彼の魅力とは、自分の立場を「夢追い人」と同じに置きつつも、ある程度の社会的、ならびに経済的成功を体現し、しかもその功績を「自身の夢とは相いれない」と喝破する点にある。筆者自身も、その「夢追い人」の一員なのだが、先に述べた社会的、経済的に成功していないゆえにましゃの生きざまには憧憬と納得のないまぜになった感覚を受け取ったような気分になるのだ。憧憬に納得とは、鬼に金棒、梅に鶯、ディランにアコギってな無双ぶりを発揮するエレメントである。それはマツコ・デラックスの「そりゃみんな好きになるわ」なる発言に一切が集約されており、自身もその『一切』に含まれていることを否定しない。

 今回は以上です。

 (twitterリミックス) 「ハイトーン・ボーカルの潮流」の巻

 空想委員会というバンドの『空想片恋枕草子』というEPを聞いた。初めはiTunesで聞いてボーカルの妙に高いトーンにうっとうしくなって途中で再生を止めたのだが、電車の中で聞くと不思議と自然に耳の中に入ってきた。そこで、昨今の新人バンドのボーカルにおける謎が解けた気がした。とかく昨今のJ-POPバンドの男性ボーカルは音程が高い。いわゆる「歌手」でなく「バンドのボーカル」なのにやたら高い。GOOD ON THE REELとかクリープハイプとか。これらはいわば刺激物なので(わたしのようなオッサンには)心地よく耳に入ってこない。
 そこで「電車内」という空間である。そこには物々しい低音が溢れており、低音域が聞きづらくなる。ハウスやダブなんかはいまひとつ楽しめない。インダストリアル・テクノなんてもってのほかである。レゲエやファンクもどうにも違和感がある……枚挙にいとまがないけれども、要するにベース、低音が中心となる音楽は電車の中で、特にヘッドフォンで聴くのには向かないのだ。わたしのような物好きはむしろヘッドフォンを外して、車両が生み出す低音を楽しむほうがマシだとさえ考えてしまう。とにかく、ここで映えるのが「高音域のボーカル」なのだ。
 彼らが若者に支持される理由のひとつは「電車内でも無理なく聞けるから」なのではなかろうか。若者が音楽に触れる主たる空間である「電車内」で高音域の声はよく聞こえる。つまり、昨今のバンドボーカルの高音化はヘッドフォン文化の一部と言えるのではなかろうか。非「低音域」化の一端と称したほうが、あるいは的を射ているかもしれない。
 レコードからCDへの変換は、音楽メディアによる非可聴域との断絶であった。さらにCDから圧縮ファイルへの流れは、メディアにおける「主流」のさらなる変容だった。音質よりも利便性を優先するという事象が、音楽において果たして善いことであったかどうかを論じるのは無粋である。けれども、この事象は、現在のJ-POPにおけるひとつの流行の原因でありそうなことは確かなようだ。そしてそれは、10代の時分にダンスミュージックに惚れこんでしまい、音響を「音楽」へと昇華させたダブに何かを見つけた(気がした)人間にとっては看過できないことがらなのだ。

 今回は以上です。

 モンティ・パイソン 復活ライヴ ― 果たして「復活」はあったであろうか?

 8月24日・31日にNHK-BSで放映された『モンティ・パイソン 復活ライヴ!』を視聴した。これは2014年7月に興行された『Monty Python Live (mostly)』(原題)を記録し、いとうせいこうらのコメントを加えて編集したものである(カットもかなりあったらしいが)。内容としては新作あり、これまでの傑作スケッチあり、大物ゲストあり、原題の"mostly"が示すとおりテリー・ギリアムのアニメーションありで大いに笑った。

続きを読む

 GIROPPONの上空で


 

ヒルズは森美術館で開催中のアンディ・ウォーホル展に行く。

イラストレータ時代の仕事や立体、映像、私物までもろもろあって

一時間以上もうろうろしてしまった。

全体を通して感じたのは、彼の色と形に対する感覚の鋭さであり、

しかもそれは我々の最大公約数に近いモノであるということだ。

とかく「芸術家」は商業主義を嫌うものだが、

お金なしでは生きていけないのも真実だ。

アートとカネという相反する二つをぶつけたときの衝撃が

ウォーホルの魅力なのかもしれない。

というかわたしのような凡人にも理解できる「芸術的価値」とは

以上のような程度のものなのだ。

ところで、展覧会一般における経済の巣窟たる物販ブースでは

自身の経済力の低さゆえにカタログだけ購入したが、文具や食品などに囲まれる中で

キャンベルスープ缶を模した貯金箱」

という商品の謎ぶりがハンパなかった。

普通にスープの空き缶でいいんじゃねーのかい。

 モテないし、ちょっと参詣するわ 第八話 福岡放浪

交通会社からかかってきた電話の内容を3行で要約しますと


・台風の影響で高速バスのダイヤが乱れている
・今夜の便も出発時刻は予定通りだが遅延する可能性が出てきた
・最悪の場合、運行を中止する。


最後のやつヤバいだろ。

ぶっちゃけ東京に帰れるのが明後日になるかもしれないという話ですよ。

しかも欠便になったら明日の便に乗れるには乗れるらしいのですが

空いてしまった一晩は客が各自勝手に過ごしてほしい、とのこと。

マジかよ……明太子(生もの)買っちゃったよ……。

一応お休みは翌々日までだったのでスケジュールは問題ないのですが

ホテル代とかないです。ていうか金がないから深夜バスで福岡に来てるわけです。

 モテないし、ちょっと参詣するわ 第七話 いざ参らん

さて西鉄天神大牟田線に乗ったわけですが、



ごらんのとおりガラガラなわけです。

平日でしかも時刻はだいたい正午から30分過ぎたあたりだから当然ですけど。

太宰府線へ乗り換えてもやっぱり空きまくってました。10分くらいで到着。


参道を歩きます。ところで心配されていた台風ですが雨粒ひとつやってきません。

お土産物屋も活発に動いておりますが、いちばん驚いたのはこちら。



右上のほうにボケてますが見覚えのあるマークが……そう、スタバです。

パッと見、無響室かとも思いましたが看板はどう見てもスタバ。

景観に対して気を使ってるのか使ってないのかよくわかりませんでした。

で、



筆者@太宰府天満宮!石碑の文字がいまひとつ読みづらい!



なんか教科書で見たことあるような景色!

お守りやお札が売られておりましたが相手は「学業の神様」なんで、

筆者には直接関係ないので、とりあえずおみくじひきました(内容は失念)。

これで今回の旅の最大イベントが終了しました。

電車に乗る前に『やまや』の店舗があったので家族への土産として

明太子(ノーマルと辛口をひと箱ずつ)と『ゆず胡椒おかき』を購入。

さーて帰りのバスまでどうすっかねーと考えていたら電話がかかってきました。

どうやら帰りの『はかた号』を管理する会社からのようです。

疑問に思いながらも電話に出ました。すると……。


第八話へ続く